||ホームページ|What's new|幼稚園|小学校|中学|高校|教養|病院|医学部|薬学部|


経済学部 改定日
2013/05/17


片頭痛の保険加入問題

  • 「片頭痛でも入れる保険」というサイトが有りました。(http://www.nissen-life.co.jp
  • 片頭痛は保険加入にはまったく支障がありません。
  • 片頭痛は840万人もおり、これが保険に入れなければ腰痛も肩こりも入れなくなります。
  • とても不思議に感じました。
  • (2012-03-18)
  • ▲top

頭痛による経済的負担(実態調査)

頭痛のために使ったお金(2000年版)

  • 2000年・頭痛のために使ったお金・寝込んだ日数(アンケート調査)
    • 全国慢性頭痛友の会会報13号(2001月1月25日<冬号>)掲載記事より。
    • 同会の許可を得て要点を転載したものです。
    • 詳細は会報(頒価500円)をお読みください。
    • 連絡先:〒270-1423 千葉県印旛郡白井町南山1-3-8-203 全国慢性頭痛友の会。
  • 回答者の背景
    • 回答者数:219名(男性38名、女性181名)
    • 平均年齢:50.2歳
    • 頭痛の始まった年齢:25.6歳
    • 受診率:80.0%
    • 肉親の頭痛率は60.3%、片頭痛に限ると78.0%、続柄は「母」が圧倒的に多い
  • 頭痛のために休んだ日数・寝込んだ日数
    • 頭痛タイプ  休んだ日数平均   寝込んだ日数
    • 片頭痛      12.3日(13名)      29.2日(38名)
    • 緊張型頭痛   41.4日(11名)      44.2日(22名)
    • 混合型頭痛   35.1日(32名)      47.7日(84名)
    • 群発頭痛     72.2日( 5名)       32.0日( 6名)
    • その他・型不詳 24.0日( 3名)       47.8日( 9名)
    • 合計        33.9日(64名)       42.4日(151名)
    • 休んだ日数の多い型は群発、緊張、混合の順
    • 全体として一年のうち一ヵ月強、会社や学校を休み、一ヵ月半弱、家で寝込んでいる
  • 出費
    • 頭痛タイプ        支出額    平均     最少〜最多支出額
    • 片頭痛(36名)       2,962,105   82,281   1,590〜 580,000
    • 緊張型(34名)       4,308,331  126,716   500〜 510,000
    • 混合型(98名)      15,786,315  161,085    900〜1,320,000
    • 群発 ( 8名)       1,593,065   199,133     0〜1,050,000
    • その他・型不詳(16名) 1,560,010   97,600   7,770〜 580,000
    • 合計 (192名)     26,211,416   136,518     0〜1,320,000
    • 219人全体の年間一人当たり平均支出は、136、518円
    • 最高は混合型の132万円
    • かなりの出費が強いられている。
  • 使われている薬剤
    • 一番多く使われている薬剤群は鎮痛薬
    • 予防薬塩酸ロメリジン(テラナス・ミグシス)は4分の1に使われている。
    • 一番多く使われていた薬剤は、抗不安薬(安定剤)のデパス(41名)。
    • カフェルゴットは30名の方に服まれている。
    • 三環系抗うつ薬のトリプタノールは15名が服用。
  • ▲top

頭痛のために使ったお金(1999年版)

  • 全国慢性頭痛友の会の「友の会だより<冬号>2000年1月25日発行第9号」に
    表記の調査報告が載っていました。
    貴重な報告です。
    会の許可が得られましたので要点を引用します。
    詳細は、「友の会だより」をご参照ください。「頭痛友の会」
  • <頭痛アンケート>
    • アンケート(N=144、対象は頭痛友の会の会員)
    • 殆どの型で平均年齢が50歳前後
    • タイプ別では、混合型がもっとも多く34%
    • 男女比は女性8割、男性2割
    • 医療機関に受診しなかった方は片頭痛で20%、全体で12.5%
    • 「肉親の頭痛」は「あり」が6割、続柄別では母親が圧倒的多数

<頭痛のために使ったお金(1999年)>

  回答 支出平均(円)  最高支出(円) 休んだ平均日数
片 頭 痛 34 109,096 77万 20.2
緊 張 型 35 166,583 54万7千余 48.5
混 合 型 46 226,475 95万5千余 70.8
群   発 2 455,000 86万 35.0
型 不 詳 15 141,032 60万 40.4
合   計 132 173,886 46.3
  • <頭痛で寝込んだ又は休んだ日数>
    • 社会的にも損失大きい頭痛最も多いのは混合型の約70日。
    • 一年のうち二カ月以上を寝込んだり仕事を休んだりしている。
    • 緊張型頭痛の加わらない片頭痛だけのタイプは、その日数がそれほど多くありません。
      それでも一年のうち20日、毎月一日以上二日近く寝込んでいます。
    • この項目に回答のあった119名の合計は5511日。
      平均すると一人当たり約46日で、
      一年のうち約一カ月半を頭痛のためにベッドで過ごすことになります。
    • 「命に別条ない」と言われる慢性頭痛ですが、生活の質の著しく低いことがわかります。
    • 『頭痛を制圧する!』(ローレンス・ロビンス/スーザン・S・ラング共著)の中に
      「米国では、頭痛のために一年に1億5700万日以上の就労日が無駄にされ、
      医療費(外来通院約1000万回を含む)と
    • 長期欠勤に約五百億ドル相当の代償が払われています」とあります。
  • <多い鎮痛剤の服用>
    • 薬はごく一部の方を除けば、大半は服用していると回答しています。
    • 中でも一番多いのがやはり鎮痛剤で延べ164人の方が一種類から数種類、用いています。
    • エルゴタミン製剤は、片頭痛患者40人のうち延べ35名の方が服用しています。 
    • 鎮痛剤は長年大量に飲み続けると
      薬物乱用頭痛を引き起こす原因になることが指摘されており、
      また、エルゴタミン製剤は長期服用後に、
      リバウンド現象として重い頭痛を起こす可能性のあることが知られています。
    • 頭痛患者は、一種の罪悪感と諦観、そして焦燥感に苛まれながら、
      「でも、痛みには耐えられない」と、
      これらの薬剤の弊害を知りつつも薬を飲まずにはいられません。
  • 今回のアンケートを見ても、いかに多くの費用と日数が頭痛のために費やされているか、知ることができます。
  • ▲top

頭痛による社会経済的負担


●日本の頭痛による経済損失(2005年版)

  • 結論,「日本では頭痛により6000億円程度の経済損失が発生していると見込まれる.」
  • これに余暇時間の喪失や社交、登校不能などの金銭に換えがたい損失も加わる・
  • 以下に計算の根拠を示す

    ■頭痛による経済損失  618,519,435,583円

    片頭痛経済損失    データ
    片頭痛有病率 8.4% 8,400,000 人
    片頭痛男性 20.0% 1,680,000人
    片頭痛女性 80.0% 6,720,000人
    男性就業率 70.8% 1,189,440人 (12年国勢調査)
    女性就業率 46.0% 3,091,200人 (12年国勢調査)
    片頭痛就業者数  4,280,640 人
    仕事に支障大(男) 18.0% 214,099人
    仕事に支障大(女) 28.8% 890,266人
    仕事に影響のある片頭痛患者数  1,104,365人
    片頭痛患者の労働喪失日 2.1日×12月 25.2 日
    年間労働喪失日  27,829,993日
    男性年間労働喪失日  5,395,30日
    女性年間労働喪失日  22,434,693日
    男性月間賃金  443,100円 (14年賃金事情調査)
    男性1日あたり賃金  14,568円
    女性月間賃金  283,700円(14年賃金事情調査)
    女性1日あたり賃金  9,327円
    片頭痛経済損失  287,848,102,923円
    片頭痛男性経済損失  78,596,954,272円
    片頭痛女性経済損失  209,251,148,651円

    ■緊張型頭痛経済損失    データ
    緊張型頭痛有病率 22.3% 22,300,000人
    慢性緊張型頭痛 1.6% 1,600,000人
    慢性緊張型男性 50.0% 800,000人
    慢性緊張型女性 50.0% 800,000人
    男性就業率 70.8% 566,400人 (12年国勢調査)
    女性就業率 46.0% 368,000人 (12年国勢調査)
    慢性緊張型頭痛就業者数  934,400人
    仕事に支障大(男) 18.9% 107,050人
    仕事に支障大(女) 18.9% 69,552人
    仕事に影響のある緊張型頭痛患者数  176,602人
    慢性緊張型頭痛患者の労働喪失日  90.0日 (推定)
    年間労働喪失日  15,894,144日
    男性年間労働喪失日  9,634,464日
    女性年間労働喪失日  6,259,680日
    男性月間賃金  443,100円 (14年賃金事情調査)
    男性1日あたり賃金  14,568円
    女性月間賃金  283,700円 (14年賃金事情調査)
    女性1日あたり賃金  9,327円
    緊張型頭痛経済損失  198,736,511,158円
    緊張型頭痛男性経済損失  140,351,704,057円
    緊張型頭痛女性経済損失  58,384,807,101円

    ■群発頭痛経済損失    データ
    群発頭痛有病率 0.01% 10,000人
    群発頭痛男性 90.0% 9,000人
    群発頭痛女性 10.0% 1,000人
    男性就業率 70.8% 6,372人 (12年国勢調査)
    女性就業率 46.0% 460人 (12年国勢調査)
    群発頭痛就業者数  6,832人
    仕事に支障大(男) 100.0% 6,372人
    仕事に支障大(女) 100.0% 460人
    仕事に影響のある群発頭痛患者数  6,832人
    群発頭痛患者の労働喪失日  45.0日 (臨床神経学)
    年間労働喪失日  307,440日
    男性年間労働喪失日  286,740日
    女性年間労働喪失日  20,700日
    男性月間賃金  443,100円 (14年賃金事情調査)
    男性1日あたり賃金  14,568円
    女性月間賃金  283,700円 (14年賃金事情調査)
    女性1日あたり賃金  9,327円
    群発頭痛経済損失  4,370,205,501円
    群発頭痛男性経済損失  4,177,134,049円
    群発頭痛女性経済損失  193,071,452円

     
  • 直接経費
  • 一般大衆鎮痛薬は500億円(頭痛に対する使用はその1/3程度か)
    片頭痛薬剤費はおおむね150億と推定される。
  • このほかに鍼灸、マッサージ、整体、サプリ購入、交通費などが加算される。
  • ▲top

トリプタン使用による経済利得

  • 初診料 4200円 夜間急患20000円、入院費用 10000円
  • 薬剤費 3200円 
  • 片頭痛は9000円程度の費用がかかる。
  • 労働人口あたりの片頭痛患者
  • 日本の就労片頭痛患者数は男性13万人、女性6万人
  • 一日あたりの報酬は男性18,000、女性11,000円
  • 一日あたり男性25億円、女性7億円、合計は 32億円
  • ひどい発作の回数は年7〜8回であるから年間 304億円の経済損失
  • 患者がトリプタンを使うことによって25,000円得する。
  • 清水俊彦先生推算(2002全国慢性頭痛友の会会報春号より)
  • ▲top

片頭痛の経済性〜直接費と間接費〜

  • 直接費:医療機関に受診することによって費やされる時間と投薬にかかる費用
  • 問接費:仕事の効率が低下し生産性が下がったことによる経済的損失
  • 損失生産性:片頭痛によって失われる作業日
  • アメリカ
    • 片頭痛発作のために片頭痛患者が活動を制限される日数は570万日/月
    • 5歳〜17歳の100万人が1ヵ月あたり30万日を越える通学日を無駄にしている
    • 片頭痛による費用負担:56億〜172億ドルの
  • 損失労働と片頭痛の関連(米国)
    • 失った年間労働日数        男性(n=66)2.5/女性(n=573)2.1
    • 症状をもって仕事した年間日数          96/63.6
    • 症状をもって仕事をしたときの労働効率   60%/56.3%
  • 片頭痛の年間費用の合計
    • 1. カナダ  直接費  200万ドル 間接費 3,100万ドル  合計:調査せず
    • 2. オランダ 直接費 7,980万ドル 間接費3億2,200万ドル 合計:4億0100〜4億0700万ドル
    • 3. 米国   直接費 調査せずル 間接費14億ドル 合計:調査せず
    • 文献 1. To T et al(1995)、2.van Roijen L(1995)、3.Stang PE et al(1997)
  • 出典:ADITUS NEWS Sep./2000
  • ▲top

フランスの調査

  • フランスでのコホート研究
  • 片頭痛による労働力損失は患者1人あたり年間1.68日分(勤務日の0.7%)で、
    これによる経済的損失は全体で52.2億フラン邦貨約1000億円(1フラン=18.8円)と報告されています。
  • Michel P, Dartigues JF, Duru G, Moreau J, Salamon R, Henry P. Incremental absenteeism due to headaches in migraine: results from the Mig-Access French national cohort. Cephalalgia 1999;19:503-10.
  • Michel P, Dartigues JF, Henry P: Evolution of migraine symptomatology over a one-year period : results from the GAZEL cohort. Headache 37:71-78, 1997
  • ▲top

デンマークの調査

  • 有職者のうち5%が片頭痛、9%が緊張型頭痛のために年間1回以上仕事を休んでいた。
  • 1000勤務者あたりの労働力の損失は、片頭痛で年間270日分、緊張型頭痛で年間820日分となる。
  • これを合わせると少なくとも1人あたり年間1日分は頭痛のために労働力を揖ねていた。
  • デンマークでは有職者の病欠(すべての疾患を合わせたもの)が年間6日であることを考えると、
    頭痛がいかに大きな問題であるかが分かる。2)。
  • 1)Rasmussen BK、et al. Impact of headache on sickness absence and utilization of medical services.
    A Danish Population Study. J Epidemiol Community Health 46:443-446、1992
    2)Rasmussen BK. Epidemiology and socio-economic impact of headache. Cephalalgia 19 Suppl 25:20−23、1999
  • ▲top

ドイツでの調査

  • ドイツにおける超大規模研究(約2万人)。
  • 男性:DM 40.99/人/年 2400円
  • 女性:DM 62.01/人/年 3600円
  • 3/4の処方はドイツ頭痛学会の推薦とは適合せず。 4900万ドイツマルク約30億円が支払われている。
  • 1ドイツマルクは約60円として計算(1999.7.20現在)
  • Krobot Kj, Steinberg HW, Pfaffenrath V. Migraine prescription density and recommendations. Results of the PCAOM Study. Cephalalgia 1999;19:511-9.
  • ▲top

アメリカでの調査

  • 米国での報告*によると、
  • 片頭痛患者の男性では年間3.8日間、女性では5.6日間、発作のために床に伏している。
  • このため欠勤や生産率低下からみた労働力の損失は130億ドル(1兆円以上)にも上ります。
  • *Hu XH, et al.Burden of migraine in the United States. Arch lntern Med 159:813-818、1999
  • 朝日メディカル(1998.11号)にも記事があります。
  • ▲top

欧州全体

  • デンマークのグループの調査によると、
    片頭痛によって失われる労働日は年間100人あたり27日
  • 片頭痛による休業の揖矢と治療のコストを合わせると、
    欧州全体で片頭痛の経済的損失毎年約80億米ドル約1兆円にのぽる。
  • Antonaci F: Cephalalgia 1997;17supplementより(2000.04.30収載)
  • ▲top

イギリスにおける頭痛による病欠期間

  • (1968−1969年、保険経済局1972年統計、WEウォーターズとGJRクラークの共同研究)
  • 男性の29万5000人・日
  • 女性の16万7000人・日
  • ただし3日以上の病欠に対して疾病給付請求が行われたものの統計。片頭痛の時間喪失は実際はこの何倍かに上る)
  • 日本の月給与平均を368,231円として、20間就労したとすると1日あたり1万8400円
  • これに上記をかけると疾病給付請求は85億円
  • KMガミー、WEウォーターズによるとイギリスのある工場での医務室を訪れる従業員の17%は頭痛であった。
  • 出典:JWランス著、加藤秀訳、頭痛に強くなる、講談社ブルーバックス、1977
  • ▲top
  • Cephalalgia 2003;23(7):519 The prevalence and disability burden of adult migraine in England and their relationships to age, gender and ethnicity TJ Steiner, AI Scher, WF Stewart, K Kolodner, J Liberman, RB Lipton
    ⇒英国(人口5977万)での片頭痛の負担。
    本土英国では16-65歳585万が毎日19万回の片頭痛発作を経験し、
    毎年2500万日を失う。
  • ▲top

mark.gif (1042 バイト)療経済学的評価

スマトリプタン:片頭痛治療における経済的立証、カナダにおける経済的比較分析

  • スマトリプタンによる治療費(882〜1254ドル)
  • 片頭痛のための時間的損失(1973ドル)に伴う費用
  • スマトリプタンは時間的損失を大幅に削減し、それを有意に相殺する(719〜1091ドル分)
  • 結論は「スマトリプタン治療の費用は、経済的メリットのほうが勝る」
  • G Caro et al. Sumatriptan: economic evidence for its use in the treatment of migraine, the Canadian comparative economic analysis Cephalalgia 2001;21:12-19 Cophalalgia/Headache日本語抄訳版 2(1):4-11, 2002
  • ▲top
  • 医療経済学的評価 清水俊彦ら 診療と新薬 38:787-799,2001
  • ▲top

1年間の労働損失日数

  • 1.医師受診者        2.7日(2.と比べて医師による治療が貢献しているといえる)
  • 2.自己投薬者        6.7日
  • 3.非投薬者         0.5日(この群は発作が比較的軽度といえる)
  • 患者の治療行動と生活障害度に関連がある。
  • 片頭痛治療の主要なターゲットは、自己投薬者で、この群は過去1年間労働損失日数が長い。
  • 出典:片頭痛診療の新しいアプローチ/Dr.E Anne MacGregor/The City of London Migraine Clinic UK/疫学、病態、新しい治療法/ADITUS Japan Migraine Summit Forum 1999年4月10日より
  • ▲top

mark.gif (1042 バイト) 片頭痛薬市場推移(1992〜1997年)

  • 片頭痛薬市場
    • 1992年 20.6(億円)
    • 1993 19.9
    • 1994 18.8
    • 1995 18.7
    • 1996 17.6
    • 1997 16.5
  • 1997年片頭痛薬市場の内訳
    • 製品名/ 会社/ 分類/ 販売/ シェァー
    • 1)シヒデルゴット (ノバルティス)エルゴタミン製剤 4.1億円 24.8%
    • 2)セデス (塩野義) 消炎鎮痛薬 3.1億円 18.7%
    • 3)クリアミン(日本ガレン) エルゴタミン製剤   2.1億円 12.7%
    • 4)ミオナール (エーザイ)筋弛緩剤 1.7億円 10.6%
    • 5)カフェルゴット (ノバルティス) エルゴタミン製剤 1.6億円 9.4%
    • 6)その他 3.9億円 23.6%
    • 合計  16.5億円
  • 経口
    • 市場は年々縮小している
    • OTCの解熱鎮痛剤市場の拡大の影響による
    • 通常、頭痛が生じた場合、ほとんどの人がOTCを使用し、治るケースがほとんどである。
  • ▲top

mark.gif (1042 バイト)追記

オトナ女子ガマン実態調査

  • 頭痛や生理痛に悩む20〜39歳女性1,000名に対して「現代社会を生きるオトナ女子の“ガマン”実態に関する調査」が行われました。
  • オトナ境界線は「26.6歳」
  • 「頭痛・生理痛」の辛さは理不尽な上司以上?
  • 「頭痛生理痛」で損をしたと思う金額は年間15.8万円ということでした。
  • http://japan.cnet.com/release/30017030/
  • (2012-04-01)
  • ▲top

●「長期の休職となる社員に対する給与の支払は?」

  • 従業員が仕事につけない場合の大原則は「ノーワーク、ノーペイ」です。
  • 休職期間中、健康保険から給与の6割にあたる「傷病手当金」が支給されます。
  • この「傷病手当金」の支給を受けるためには次の3つの条件が必要となります。
  • (1)病気やケガの療養のため働くことができない。
    • 手当を支給する健康保険組合が決定します。
    • 通常、自覚症状のみの頭痛や腰痛、生理痛といったものは認められません。
  • (2)4日以上仕事を休む
  • (3)給料の支払がない
  • 日本経済新聞(2005/08/01)より
  • ▲top

コンピュータ会社社員の片頭痛経験者、8割が仕事の質低下

  • Igarashi H. Which headache lets company workers visit a company doctor? Cephalalgia, 2005; 25:977
  • ▲top

mark.gif (1042 バイト)参考

頭痛以外の疾患の経済損失

  • スギ花粉症の経済損失は2860億円(Nikkei Medical 2000.2:11)
  • 花粉症は1300万人年間損失2860億円(朝日新聞2000.08.25)
  • (高血圧は1320万人)
  • 腰痛と片頭痛は同じインパクト Dartigues JF et al: Comparative view of the socioeconomic impact of migraine versus low back pain. Cepalalgia 18 suppl 21: 26-29, 1998
  • 覚せい剤は一億八千万人が使用、毎年120兆円以上を支払っている。(2002.02.25朝日新聞10面)
  • タバコのための医療費は1兆2936億円(1999年)、がんが1/3、火災などを含めると5兆円 (朝日新聞2002.05)
  • 腰痛は1000人に90人以上(厚生の指針、1999)
  • ◆2003.2.28 風邪のコストは全米で年間400億ドルhttp://medwave.nikkeibp.co.jp/regist/medi_auth.jsp?id=0/a015/233536
  • ◆2003.3.18 【日本呼吸器学会速報】 慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかる医療費は年間8300億円
    http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/mdps/236340
  • 米国での疼痛による労働損失額は年間610億ドルにのぼる
    Pain in US workforce costs $61 billion annually
    (JAMA 2003;290:2443-2454.)
  • ▲top

文献

  • ★重要:岡安裕之:片頭痛の個人・社会に及ぼす影響。Prog Med 2001;21(1):30-33。
  • ★重要:頭痛の疫学と医療経済学 坂井文彦 神経研究の進歩 2002;46:343-350
  • ★Ferrarl MD. The economic burden of migraine to society [Review]. Pharmacoeconomics 1998;l3:667-76
    片頭痛の社会経済的負担は直接経費(医療費)と間接費(欠勤と生産性低下)からなる。
  • Warshaw LJ et al: Migraine-a problem for employers and managed care plans. Am J Manage Care 3:1515-23, 1997
    ⇒片頭痛と雇用の関係について 
  • Leonardi M et al: Headache as a major public health problem: current status. Cepalalgia 18 suppl 21: 66-69, 1998
  • Sances G et al: Headache coding and diagnostic-related groups: a survey of one year's asmission to a neurological department. Cepalalgia 18 suppl 21: 73-75, 1998
  • Rapoport AM, Adelman JU: Cost of migraine management-a pharmaceconomic overview. Am J Manage Care 1998;4:531-545
  • Edmeads J: Why is migraine so common? Cephalalgia 18 supplement22:2-7, 1998
    ⇒米国では、870万人が片頭痛によって高度に障害にされる。カナダでは、77%の片頭痛患者が発作の間、生活が支障されている。
  • Vonkorff M, Stewart WF, Simon DJ, Lipton RB. Migraine and reduced work performance -a population-based diary study. Neurology 1998:50:1741-5
    ⇒就業片頭痛患者は少なからぬ作業損失を招来。
  • Lipton RB, Stewart WF, von Korff M: Burden of migraine: Societal costs and therapeutic opportunities. NEUROLOGY 1997;48(Suppl 3):S4-S9
    ⇒片頭痛は、健康重荷を個々人と社会の上を与える。
  • Lipton RB, Walter F, Stewart WF: Prevalence and impact of migraine. NEUROLOGIC CLINIC 15(1):1-13, 1997
    ⇒頭痛の社会とのインパクトは、大きい。
  • Fishman P, Black L. Indirect costs of migraine in a managed care population. Cephalalgia 1999;19:50-7.
    ⇒片頭痛患者の一年間あたりの間接経費:男4,548ドルと女4,897ドル(1990年)
    コメントより:片頭痛の直接経費(メディカルケアと投薬)は頭痛の全経費の10 - 20%(これは国家健康サービスの1%以下)、間接経費(生産性減少)は80 -90% を占める.
  • Anon. The economic burden of migraine -the role of the triptans. Am J Manage Care 1998;4(10 Suppl): S630-2
    ⇒片頭痛による経済損失は毎年56億ドルから172億ドル。zolmitriptanは発作あたり$3.03の得
  • Anon. Triptan use and the economic impact of migraine. Am J Manage Care 1998;4(10 Suppl):S633-6
  • Warshaw Lj, Burton WN. Cutting the costs of migraine-role of the employee health unit. J Occup Environ Med 1998;40:943-53
    ⇒1億2000万人以上のアメリカ人が片頭痛に悩む。
  • Caro JJ et al. Thee migraine ACE model: evaluating the impact on time lost and medical resource use. Headache 2000;40:282-91 ⇒片頭痛の経済的損失測定モデル
  • 片頭痛はQOL低下とうつと関連している Neurology 2000;55:624-635.
  • John Edmeads, Joan A. Mackell. The Economic Impact of Migraine: An Analysis of Direct and Indirect Costs. Headache 2002;42(6):501-509
    ⇒片頭痛の経済的インパクト:直接医療費と間接費用の分析。詳細なコスト計算あり。片頭痛は高価な疾患である、そして、財政的な負担の3分の2は間接費に関係する。
  • Cephalalgia 2003;23(4): 280 One-year prevalence of migraine in Austria: a nation-wide survey. C Lampl, et al.
    ⇒オーストリアの1年間片頭痛罹病率。10.2% (前兆を伴わない片頭痛5.6%、前兆を伴う片頭痛2.3%、境界2.3%。年につき14日失業。
  • スマトリプタンによる片頭痛の早期治療と遅延治療の費用および転帰 Cephalagia/Headache日本語抄訳版 3(3):4-18, 2003
  • C Lampl, et al. Ergot and triptan overuse in Austria - an evaluation of clinical data and cost. Cephalalgia 2002;22(10):807
    ⇒オーストリアにおけるエルゴタミンの乱用とそのためのコスト
  • Headache: 2003; 43(7):742 Burden of Migraine in Brazil: Estimate of Cost of Migraine to the Public Health System and an Analytical Study of the Cost-Effectiveness of a Stratified Model of Care. Marcelo E. Bigal, et al.
    ⇒ブラジルにおける費用効果対比、詳細な解析
  • Headache 2004;44(3):271 Cost Considerations of Acute Migraine Treatment
    James U. Adelman, et al.
    ⇒片頭痛治療コスト管理
  • Headache 2004;44(10):1050 Pharmacoeconomics: The Cost of Prophylactic Migraine Treatments
    Leon C. Adelman, et al.
    ⇒医療経済学。予防の片頭痛治療の費用
     
  • ▲top


top.gif (1182 バイト)